Base texts InGame Help Online


 
気候の設定 ヘルプ

気候の設定

「気候の設定」ウィンドウでは、ゲームワールドの地形や気象に関するオプションを設定します。このウィンドウは、「新しいマップの作成」ダイアログの項目にあるオプションの1つです。
各設定の調整は、各項目の横にある矢印ボタンをクリックするか、ボックスに数字を入力して行います。
マップのオプション
海面水位 - マップ上の水位の高さを設定します(標準値 -2)。 値が高いほど、より少ない土地とより多くの水域が提供されます。
起伏の高さ - 地形の最大の高さを設定します。
起伏の激しさ - 地形の激しさを設定します。数値が大きいほど、沿岸部の起伏が大きくなります(よりリアルに見えます)。非常に起伏のあるマップでは、意図したほど多くの都市、産業、道路を生成できない場合があります。

警告: 33以上の高さのレベルは避けるべきです(プレイヤーはアクセスできません)。必要に応じて、水位を下げることで、より多くの土地を生成することができます。
雪線オプション
雪線とは、雪が現れる地図上の高さのことです。年間を通じて、Simutransの雪線は次の設定に従って変化します。
夏季の雪線 - 極気候はここから始まります。夏の間の雪線(万年雪)。この値は、気候オプションで選択された最も高い地形の値です。
冬季の雪線 - 冬季の雪線の最小高さを設定します。マップ上のより広い範囲に雪を出現させたい場合は、この値を小さくします。
気候オプション
新しいマップに異なる気候タイプを設定します。

それぞれの気候タイプの隣にある値は、地形図の中でその気候が現れる場所までの高さを設定します。高い位置にある気候帯は、低い位置にある気候帯でおおわれています。特定の気候をオフにするには、その値をリストのさらに上の気候と同じ値に設定します(砂漠の場合は水位に設定します)。

注意:建物、産業、植物には、それぞれの作者によって特定の気候が割り当てられています。
砂漠気候 - 降水量が非常に少なく、気温が極端に高い。木がほとんどない。平坦な風景。
熱帯気候 - 赤道周辺の非乾燥地域の典型的な例で、海面や低地では常に高温。
地中海性気候 - 適度に変化のある湿気が多い天候。
温暖気候 - 熱帯と極地の間に位置し、天候を変化に富む天候。
ツンドラ気候 - 低温、極冠の周縁。
氷雪(高山)気候 - 乾燥した気候、冬は寒い。
その他のオプション
木/森を作成しない - このオプションを有効にすると、Simutransが樹木を描かなくなります。木は、描画するのにCPUで時間を要します。性能が低いCPUや容量の少ないRAMのPCではこのオプションを使用してください。
湖を作成する - このオプションを有効にすると、Simutransが地面のいくつかの凹みを水で満たしてマップ全体に湖を作ることができます。
河川の数 - 地形図に生成・使用できる河川の最大数を設定します。狭い川は、ボートや船が航行することができません。
河川の長さ 最短 - マップ上の河川の最小の長さを設定します(タイル単位で)。
河川の長さ 最長 - マップ上の河川の最大の長さを設定します(タイル単位で)。

Index